Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

しろわびすけ

りんこぷうみたいな
しろわびすけが
咲きました。
sirowabisukes-.jpg
根付いたようです。

かすかに有香。
スポンサーサイト

レモンのおかげ

庭のレモンがきいろくなりました。
remonngakiirokunarimasitas-.jpg
で、前からやってみようと思っていた
辰巳芳子さんの本に載ってた
レモンで作るカッテージチーズ
連休に
やってみた。

【11月22日 レモンカッテージチーズ
牛乳1Lなべで温める ストーブの上でやりました。
直火じゃないから40℃キープしやすい。
ネット上では60℃が主流のようだが
ここは辰巳さんの言うとおりに。

レモン2個を絞ってスプーンでちょっとづつ鍋に入れる
固まってくる
固まってくる
まだレモン
まだ?レモン
ってすこしずつやってると急に分離して
ストップ!

木綿の袋に入れて
つるす。
水分が切れたら出来上がり。

たべてみた。
レモンの風味もそんなにしない。
?あじがしない。豆腐より味がしない。
塩少々と
・コショウ
・にんにくバジル
・ハチミツ
などいろいろ試してみたが
本心は、いまいち喜び切れない。
異文化なのかカッテージチーズ
普通にトマトとサラダとかだろうかねカッテージチーズ

で、問題は大量に残った
ホエー。乳清。
レモン風味だし、大量だし、体にいいから割って飲めと言われても
いまいち異文化だし
すぐ悪くしちゃいそうだし。
で、きっと合うと思いついたのが
グリーンカレー
酸味と辛みとあうじゃんあうじゃん
で、作ってみたら
これはいま2ぐらいも喜んだ。
ホエイは捨てるなグリーンカレーにしよう。

【11月23日 レモンで豆腐 】
なら、レモンで豆腐だって作れんじゃないか

誰でも思うと思う。
カッテージチーズの味のなさは
カッテージチーズを食べなれていないからで
豆腐を食べなれている日本人は
豆腐の味ならわかるわけで
やってみようと
思ったわけ。

豆乳800mL 40℃
同じようにやってみた。
が、固まるが
分離までいかない
これは、おぼろ豆腐だね
と思って
分離を待たずに
木綿袋へ。
水を切って試食。

左がレモン豆腐       右カッテージチーズ 
remonntoufu to katte-jiti-zus-
豆乳で作った方が
レモン風味が牛乳のカッテージチーズより強く残る。
植物だから繊維が吸い込んだ感じかな。
豆腐なことは豆腐。
大豆の風味もやっぱりわかる。
でもレモン風味のレモン豆腐。どうやって食べたらよいでしょうか。
昨日と同じようにいろいろ試してみたが
ハチミツで食べるのが一番うまかった。
ハチミツレモン。何の違和感もない。

本心は・・・
まだカッテージチーズ作りも
豆腐作りもはじまったばかりじゃ。
というところ。

豆乳で作った方が
ホエイは少なかった
レモン豆腐の量も多かった。
どうしましょうかこのホエイ。
トムヤムクンかキムチ鍋か?

青と赤

まちがえて
甘長唐辛子を
青唐辛子とおもって買ってしまい
ようやく
辛い
ほんとうの青唐辛子をゲット
枝のほとんどは赤くなっていたから
時期的にギリギリセーフだったと思う。

枝の先端の
青唐辛子(100g)はこぶりで
めんどうだったから
種とらず
シャーとやって

青柚子はすり下ろすのは
めんどうだったから
皮むいて(100g)
シャーとやって

塩50g

すりばちでごりごりやって
aoyuzukosyous-.jpg
「青柚子胡椒」できあがり

はや。

こんなに簡単だったら
毎年やろう。

いま、わんもにゃーも
とうがらしのにおいで
UTUBOの部屋に避難
一匹もいなくなった状態。
ユズと一緒に家中がいいにおい。


赤唐辛子は
ニンニクとシャーとやって
ごま油でいためて
味噌といためて
さとう・酒・みりん
でいためて
akatougarasimisos-.jpg
「赤唐辛子味噌」

超はや。

こんなにかんたんなら
毎年やろう。

この味噌は杉桶の手前味噌
カビも出ておらず
完璧だった。

うめぼし

梅雨が明けたと聞いて
うずうずしてきて
三連休のさいご
だというのに
梅、ほしはじめる。
明日もあさっても
雨は降らない予報。

今日は、樽8キロのほう。
木の樽、木の蓋はだめと
辰巳さんは本に書いてあったけど
竹十さん信じて
無事だった。
樽の中側や蓋が
赤紫蘇で綺麗に染まっていて
                   中蓋
                    ↓
たるの中蓋

そのぶん梅は白っぽいかも。
来年は赤紫蘇を増やすか
同じ分量でも樽が色を吸ったからもういいのかは
やってみないとわからない。
梅と赤紫蘇を並べてみたら
うめ 大ざる 4キロ
8キロを大ザル2枚4キロ4キロでぴったりだった。
むっとするようないきのつまる
日差しを梅干しに使うのは
賢いと思う。
他にもこの時分の日差しをつかうものってあるのかな。

今回のこれは
3日間干したら
竹十さん方式
赤梅酢の残っている樽にもどして保存してみるつもり。
地方によって
やり方はいろいろのようです。

もう一つの、瓶7キロは
いつもどおり
の辰巳本のやり方で
また次回。


おまけ
りんぞうさんの網戸ならぬただの網。
庭の畑の膨大にあまったのをつかってみました。
あみ
どろぼうと蚊はたのんだぞりんぞう。

無風

りんぞうさんのために
玄関に網戸をしてやろうと思ったが 
風もなく
外の方が暑いのでやめた。
無風状態が
今日は一日続いた。

梅雨が明けたと言うから
味噌ふたつ確認
カビもなく完璧。
樽の方が綺麗。
合格味噌ばばあ。

梅漬けふたつ確認
樽も瓶も
押し蓋の上まで
紫蘇の赤い梅酢があがって完璧。
合格梅漬けばばあ。

ザルを3枚干す
これでたりるかどうか。

Appendix



Extra

最新記事

ポチ

FC2Blog Ranking

検索フォーム

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。